時の恵み 古久

 今日は、麦焼酎で長期熟成酒の「古久 らんびき」を久しぶりに飲んでみた。この「古久 らんびき」についてはこちらを参照してください。
 久しぶりにロックで飲みましたが、43度という高い度数ですが、ヒリヒリとするアルコール感が全くしません。のどを通したときも燃えるような感じがしないんです。この辺りは流石、長期熟成酒です。ラベルにに2002年11月の蔵入れとありますので、まる9年以上時を経ています。

画像


 42度以上ありますから、氷が半分ぐらい溶けた時が自分にはとてもおいしく感じました。氷が溶けないうちは、度数が高いので辛く感じましたが、とけてくると麦のもつ甘さを感じました。
 これまで、思い出したように大切にのんでた「らんびき」なくなってしまいました。また、機会があったら購入したいと思いますが、やはり値段がねぇ…。

 話は変わりますが、今年は、寒い日が続き春の訪れが遅れていますが、やっと我が家の梅が開花しました。また、杉花粉も飛び出したようで、鼻はつまるは目がかゆくなるはで、憂鬱です。

画像

この記事へのコメント

ショチクレ三昧
2012年02月26日 21:51
古久には酒屋別?にいくつか種類がありますね。たまたま古久の試飲があって即買いしました。私が買ったのは『古久黒木大藤』です。仕事が繁忙期なので終わったら飲もうと思ってます。
焼酎にぞっこん
2012年02月27日 20:46
ショチョクレ三昧さんへ
 「古久蔵」は6つぐらいの種類がありませんでしたか。全て飲み比べてみるのも面白いと思います。「黒木大藤」は飲んだことありません。どんな味わいなんでしょうか。
ショチクレ三昧
2012年02月27日 21:59
アルコールは40、5度とちょっとらんびきより低い分軽い?のでしょうか。古久はなかなか買えませんから飲み比べに向かないのかもしれませんね。値段も高いですし。じっくり飲みたいと思います。
おっ君
2012年02月28日 21:54
そう言えば、昨年のぞっこんさんの
この紹介で~~~1本購入したような?
在庫を見てみないと何とも記憶がない。
それか、高額なのでパスしたかな。(笑
焼酎にぞっこん
2012年03月01日 06:10
おっ君さんへ
 「古久」を紹介して、興味を持ってくれ嬉しく思います。購入して、おっ君さんの口に合うかは、せきにんもてませんが(笑)。
久古の都、誠はローマでなく、愛である
2012年09月12日 09:32
古久が麦焼酎の原点ですよね。麦焼酎の神とも言われています。今オクで出ています。蔵入れ年月を見ると、入手不可能なものでした。何とか手に入れたい…と思っています。仲間がいてうれしいです。
焼酎にぞっこん
2012年09月12日 21:05
 コメントありがとうございます。しっかり熟成されたてづくりの麦焼酎ですね。古久には敬意を払いたくなります。どちらにお住まいでしょうか。福岡近辺であれば、年に1回の古久蔵に行けば購入可能です。