テーマ:芋焼酎

松の露

 昨年末に6本まとめ買いした中から「松の露」を飲んでます。「松の露」は「金峰櫻井」を代表銘柄とする、櫻井酒造さんが造っています。この「松の露」は地元鹿児島の限られた特約店でしか販売されていません。4,5年前にも鹿児島の酒屋さんから、送ってもらって飲んだことがあり、とても美味しかったので再度の購入しました。  「松の露」は地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日は昇る

 年末に6本まとめて購入した焼酎の中から「日は昇る」を飲んでいます。この焼酎は鹿児島県の川内市祁答院に蔵を置く祁答院蒸溜所が醸す1本で、麹はもろ蓋を使った手造り麹です。一番の特徴は、木桶を使った仕込みです。通常は甕やタンクを使うのですが、「日は昇る」は木桶で仕込まれます。木桶を使うとタンクや甕と違って、寒暖による気温の変化が中のモロミに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末に焼酎 大人買い

 新年、明けましておめでとうございます。  本年もこれまでと同様に、本ブログを読んでいただけることに感謝致します。今年も皆様、よろしくお願いします。  さて、年末に焼酎をまとめ買い致しました。1つは、「真鶴」2本です。この2本は、酒屋さんに並んでいるとの情報をもらい、すぐさま買いにいった物です。3年ほど前には、1本購入するにも大…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

福岡県産芋焼酎 「名島」 と 白金酒造「いったいさん」

 今年も残すところあと4日となりました。今年は、私に取っては定年退職をし、節目の年となりました。退職後はアルバイトで仕事をし、これまでと違って仕事の重圧が無くなり、ストレスのない生活を送っています。  さて、今回ご紹介する焼酎は、福岡県産の芋焼酎、「名島」です。「名島」は福岡県久留米市城島に蔵を置く、「株式会社 花の露」さんが造ってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

安くて旨い 玉露黒 と タイラバ自作

 師走となり今年も残すところ二十日ばかりとなりました。皆さんは年末で忙しい日々を送ってあると思います。私はというと、定年退職後、仕事の煩わしさが無くなり、土日やアフターファイブを楽しんでます。  その一つがもちろん焼酎ライフ、もう一つが釣り、そしてツーリングです。  今日は、現在開栓している焼酎を紹介します。いつも飲み親しんでい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

市来焼酎 ツン

 酒屋さんに行って、何か安くてよかりそうな焼酎はないものか物色していますと、初めて見る焼酎が在り、興味を引き購入致しました。値段も税込み2,270円と手頃です。  購入したのは、代表銘柄が「七夕」を造る田崎酒造さんの「市来焼酎 ツン」です。田崎酒造さんのホームページをのぞいて見てもこの焼酎のことは掲載されていません。というのはこの焼酎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松露 20度 と 風の見える丘公園 ツーリング

 10月30日の日曜日 午後から時間があったので、ふらっと佐賀県の壁島までツーリングに行ってきました。  この時期、暑くもなくツーリングするには最適の季節です。目的地は佐賀県呼子市にある「風の見える丘公園」です。途中に、呼子大橋を渡るのも目的の一つです。  呼子大橋を渡り、目的地の「風の見える丘公園」までは10分ほどで到着です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古八幡 ろかせず 購入

 自宅周辺の道路をすすんでいくと、なんとも甘くていい香りが漂ってきて、和ませてくれます。それは、この時期にオレンジ色の小さな花を咲かせるキンモクセイです。キンモクセイが咲き出すと秋が本格的に深まってきて、銀杏やカエデが鮮やかに色づく頃となります。  さて、これまで私が入手することができなかった「古八幡」を8月下旬に購入する…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

喜六

 久しぶりに「喜六」を購入して、楽しんでます。以前の「喜六」とラベルが変わりましたね。ラベルが変わって半年ほどは経つでしょうか。個人的には以前のもの方が好きでした。蔵元がラベルを代えたた理由は何でしょうか。興味が尽きません。  「喜六」は長期熟成酒でで、価格が安いんです。私は税込み2,,143円で購入しました。全般に黒木本店さんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿久根

 10月に入り、ようやく暑さが和らぎ過ごしやすくなりましたね。釣りやドライブ、スポーツなどうってつけの好季節です。私も近々釣りに行くことを楽しみにしています。  気がつけばしばらく更新しておりませんでしたが、焼酎は日々楽しんでいます。今回はただいま開栓して飲んでいる「阿久根」を紹介致します。  「阿久根」は鹿児島酒造が造…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

一樽減選園乃露 と 一樽減選相良 飲み比べ

 9月に入り、台風の影響もあって8月の酷暑が和らぎ、幾分と過ごしやすくなりました。しかし、まだまだ気温や湿度が高く、エアコンのスイッチをいれる毎日です。  さて、前回報告した、人樽厳選減選シリーズの「園乃露」、「相良」、「千鶴」の3本の内、「園乃露」と「相良」を開栓し、飲み比べましたので、報告致します。  まずは口当たり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

園乃露 千鶴 相良 3種一樽厳選

 お盆をすぎると暑さが和らぐことを期待していましたが、容赦なく照りつける日差しに外出を控えてしまいます。気温が下がり爽やかな風が吹くことを待ち望む今日この頃です。  さて、本日は最近購入した3本の焼酎を紹介致します。  この3本はいずれもレギュラー焼酎として焼酎好きな皆さんならどなたも聞いたことやいつも飲んでいるという方…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2011年産 天狗櫻 熟成酒

 連日、35度を超え,茹だるような酷暑が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。熱中症にならぬよう十分にご留意ください。  さて、今年も天狗櫻の熟成酒が販売されましたので、すかさず購入しました。昨年初めて飲んで、とても美味しかったので、販売を楽しみに待っていました。  昨年から白石酒造さんが熟成酒に取組を始められ、今年で2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月の中 オールドラベル

 「赤山猪」を完飲しましたので、少し迷ったあげく、「月の中 オールドラベル 25度」を開栓しました。開栓した「オールドラベル 月の中」は保管していたもので、これで2回目となります。  この「月の中 オールドラベル」の入手には、運が必要で私は2回しか購入したことはありません。  初めて飲んで美味しく好みに合っていたので再度購入し、保管…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

赤山猪

 蝉の声が聞こえる頃となり、日に日に気温が上昇してきています。みなさんいかがお過ごしでしょうか。  私は、一ヶ月ほど前にメダカを20尾ほど頂いて、自宅で飼育しています。そのメダカが次々と産卵を繰り返し、メダカの赤ちゃんがたくさん生まれて、日々その成長を眺めるのを楽しみにしています。少なく見積もっても稚魚が100匹ほどはいます。田舎のク…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

神酒造さんからのダイレクトメールで焼酎購入

 夏になるとお中元を贈ることとなります。そこで、各製造業のメーカや商社はお中元セールの案内を、さまざまな形で展開しています。私の所にも毎年、この期になると酒屋さんや蔵本さんからダイレクトメールが送られてきます。「千鶴」を代表銘柄とする神酒造さんから送ってきた案内で、今年も焼酎を購入しました。お中元用ではなく、自分用に購入しました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2015年産 ろかせず

 6月に入り、福岡北部地方は梅雨入りとなりました。昨日土曜日と日曜日は、小雨混じりのぐずついた天気でした。  さて、久々の更新となりましたが、最近は保管焼酎の中から2015年産「ろかせずを」を開栓して楽しんでまいす。「ろかせず」のような無濾過の焼酎はできるだけ早く開栓して、無濾過本来の香りやこくの味わいを楽しめる間に開栓して飲んでしま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さつま無双 白ラベル

 私は今年の3月までガラケーを使っていましたが、スマホに代えました。理由は、バイクにスマホを装着してナビとして使うためです。小さなナビの購入も検討しましたが、ナビ専用機だと地図の更新がありません。スマホだと自動的に地図が更新され無料で使えるからです。  今日も、筑紫野市から朝倉市、そして寺内ダムを通って英彦山、そして日田方面にスマホの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つつじ寺 大興禅寺 と 7年古酒千鶴 

 春の陽気に誘われて、妻と佐賀県三養基郡基山町にある大興善寺に行ってきました。大興善寺は別名つつじ寺とも言われて、たくさんのつつじが植えられていることで有名です。この寺には30年ほど前に1度だけ足をはこび、それ以来です。  山の麓にあるお寺で、山の丘を駆け上がるように一面につつじが植えられています。特に圧巻なのは「一目百万…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

玉露 甕仙人 ブルーボトル

 熊本、大分地方の地震で震災に遭われた方々の気持ちを察すると、焼酎のブログをアップすることは何だか不謹慎なような気がして更新を躊躇していました。しかし、そのように考えても、どうしようもありません。1日も早い復興を願うばかりでです。  3月末に熊本城を訪問し、満開の桜を愛でて来たばかりでした。テレビで報道された、天守閣の瓦がほとんど脱落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薩摩維新 と バイクのドレスアップ

 今日は、「薩摩維新」という焼酎を紹介します。  この焼酎は小正醸造株式会社が造る焼酎です。知人からの頂き物で、初めての1本です。蔵の公式ホームページでは『昭和40年代まで広く鹿児島県内で栽培されていた「農林二号」という品種のさつま芋を復活栽培し素材の個性を活かした「昔ながらの芋焼酎」の味わいを再現しました。』と紹介しています。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見ると手が出る ろかせず

 先日、そろそろ「ろかせず」が並んでないかとあまり期待もせず酒屋さんを訪問すると、なんと「ろかせず」が棚に並んでいました。前回のブログで報告いたしましたとおり、昨年「ろかせず」を入手し、未だ保管しているので、なんとしても入手したいとは思っていませんでした。しかし、目の前に「ろかせず」を見ると、どうしても手が伸びるのです。結局、一升瓶1本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さつま寿 桜 開栓

 桜が日本全国各地、咲き始めました。私の住む福岡では3月30日、31日頃が見ごろとなりそうです。桜を見ると、春が来たことを強く感じるとともに、さくらの咲く頃は卒業式や入学式、はたまた入社式など、人生の転機の時期と重なり、桜を見る度に感傷的な気分にもなります。  さて、「桜」と言えば焼酎では尾込商店さんが醸す「さつま寿 桜」…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

春の季節限定 てんぐざくら

 福岡では梅も咲き終わり、早くも河津桜が満開だったり菜の花が咲き誇っていたりして、すっかり春めいてきました。  さて、春にはいくつもの季節限定の焼酎が出荷され、焼酎好きな輩には、どうにも悩ましい季節です。私もこの期間ならではの焼酎を買いも求め、楽しんでます。   「春の天狗桜」を買い求めました。購入価格は2,360円でとても安いです…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

無濾過 やきいも黒瀬

 今日は「無濾過 やきいも 黒瀬」を紹介します。蔵元は鹿児島酒造さんです。無濾過ではない「やきいも 黒瀬」は蔵元のホームページで紹介していますが、この無濾過は掲載されていません。もしかすると、季節限定品なのかもしれません。  この焼酎は原料に黄金千貫、白麹仕込み、麹米はタイ米でなんと言っても特徴は焼いた芋を使っていることです。度数は2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

阿久根 新酒限定無濾過

 「阿久根 新酒限定無濾過」を楽しんでます。価格も2,250円程で求め安い値段です。この焼酎は初めて飲みました。  この焼酎は、鹿児島酒造さんが造っていて、原料は黄金千貫。麹米はタイ米、麹はS型麹(河内菌)というのを使っているそうです。何でも、限定5000本で、1本1本にシリアルナンバーが肩ラベルに記載されています。 私が購入し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

重厚な佐藤黒

 先日、購入した「佐藤黒」を飲んでます。「佐藤黒」は大好きな焼酎で、3,000円を超す値段ですが、単品で購入出来る機会があれば、手に入れています。  芋の香りが口に広がり、濃厚な味わいが気にいってます。「佐藤黒」を購入しなかった年はないと思います。そんな「佐藤黒」以前よりずいぶん入手しやくなっていますが、高価なのが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

佐藤黒 田倉 購入

 現在飲んでいる焼酎「なかむら」が底をつき、次に何を購入しようかと思案しているときに、焼酎仲間から、佐藤黒の一升瓶が店頭に並んでいるとの情報が入りました。   佐藤黒は3,000円を超す高価な焼酎ですが、大好きなので購入したいのです。情報を受け、すぐさ酒屋さんを訪問しました。急いで棚を確認すると4,5本並んでいました。迷うことなく、佐…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016年 初購入の焼酎

 1月4日に酒屋さんを訪問しました。目的は今飲んでいる「薩摩茶屋」が空いてしまい、日常飲む焼酎を購入するためです。めあての銘柄の焼酎を決めての訪問でなく、ともかく酒屋さんに行ってみようと思い訪問しました。   酒屋さんの棚を見ると「佐藤の黒」の4合瓶や、「なかむら」、「田倉」の一升瓶などが並んでいます。「佐藤の黒」は大好きな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

手づくり千鶴 5年貯蔵 復刻版

 前回のブログで「千鶴7年古酒」の入手にめどが付いたことをお知らせしていましたが、蔵元から届きました。  「千鶴7年古酒」とは別に「手づくり千鶴 5年貯蔵 復刻版」も入手しました。この「手造り千鶴 5年貯蔵 復刻版」も一般には販売されていなく、とある酒屋さんが蔵本さんから特別に分けてもらったものを、2本購入しました。1.8l 税込み2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more