テーマ:芋焼酎入手

2011年産 天狗櫻 熟成酒

 連日、35度を超え,茹だるような酷暑が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。熱中症にならぬよう十分にご留意ください。  さて、今年も天狗櫻の熟成酒が販売されましたので、すかさず購入しました。昨年初めて飲んで、とても美味しかったので、販売を楽しみに待っていました。  昨年から白石酒造さんが熟成酒に取組を始められ、今年で2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月の中 オールドラベル

 「赤山猪」を完飲しましたので、少し迷ったあげく、「月の中 オールドラベル 25度」を開栓しました。開栓した「オールドラベル 月の中」は保管していたもので、これで2回目となります。  この「月の中 オールドラベル」の入手には、運が必要で私は2回しか購入したことはありません。  初めて飲んで美味しく好みに合っていたので再度購入し、保管…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

赤山猪

 蝉の声が聞こえる頃となり、日に日に気温が上昇してきています。みなさんいかがお過ごしでしょうか。  私は、一ヶ月ほど前にメダカを20尾ほど頂いて、自宅で飼育しています。そのメダカが次々と産卵を繰り返し、メダカの赤ちゃんがたくさん生まれて、日々その成長を眺めるのを楽しみにしています。少なく見積もっても稚魚が100匹ほどはいます。田舎のク…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

神酒造さんからのダイレクトメールで焼酎購入

 夏になるとお中元を贈ることとなります。そこで、各製造業のメーカや商社はお中元セールの案内を、さまざまな形で展開しています。私の所にも毎年、この期になると酒屋さんや蔵本さんからダイレクトメールが送られてきます。「千鶴」を代表銘柄とする神酒造さんから送ってきた案内で、今年も焼酎を購入しました。お中元用ではなく、自分用に購入しました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さつま無双 白ラベル

 私は今年の3月までガラケーを使っていましたが、スマホに代えました。理由は、バイクにスマホを装着してナビとして使うためです。小さなナビの購入も検討しましたが、ナビ専用機だと地図の更新がありません。スマホだと自動的に地図が更新され無料で使えるからです。  今日も、筑紫野市から朝倉市、そして寺内ダムを通って英彦山、そして日田方面にスマホの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口県の酒屋さんで 焼酎 「まだこ」 購入

ゴールデンウィークももう終わりですね。皆さんはどのようにお過ごしでしたか。私は、4月30日(土)から一泊二日の日程で山口県に行って来ました。  1日目は、朝食を取らずに午前8時頃、家を出て山口県の下関市にある唐戸市場に立ち寄って、寿司で朝食をとりました。安くて新鮮で大きなネタめあてに、たくさんのお客さんで賑わっていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉露 甕仙人 ブルーボトル

 熊本、大分地方の地震で震災に遭われた方々の気持ちを察すると、焼酎のブログをアップすることは何だか不謹慎なような気がして更新を躊躇していました。しかし、そのように考えても、どうしようもありません。1日も早い復興を願うばかりでです。  3月末に熊本城を訪問し、満開の桜を愛でて来たばかりでした。テレビで報道された、天守閣の瓦がほとんど脱落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薩摩維新 と バイクのドレスアップ

 今日は、「薩摩維新」という焼酎を紹介します。  この焼酎は小正醸造株式会社が造る焼酎です。知人からの頂き物で、初めての1本です。蔵の公式ホームページでは『昭和40年代まで広く鹿児島県内で栽培されていた「農林二号」という品種のさつま芋を復活栽培し素材の個性を活かした「昔ながらの芋焼酎」の味わいを再現しました。』と紹介しています。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見ると手が出る ろかせず

 先日、そろそろ「ろかせず」が並んでないかとあまり期待もせず酒屋さんを訪問すると、なんと「ろかせず」が棚に並んでいました。前回のブログで報告いたしましたとおり、昨年「ろかせず」を入手し、未だ保管しているので、なんとしても入手したいとは思っていませんでした。しかし、目の前に「ろかせず」を見ると、どうしても手が伸びるのです。結局、一升瓶1本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さつま寿 桜 開栓

 桜が日本全国各地、咲き始めました。私の住む福岡では3月30日、31日頃が見ごろとなりそうです。桜を見ると、春が来たことを強く感じるとともに、さくらの咲く頃は卒業式や入学式、はたまた入社式など、人生の転機の時期と重なり、桜を見る度に感傷的な気分にもなります。  さて、「桜」と言えば焼酎では尾込商店さんが醸す「さつま寿 桜」…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

春の季節限定 てんぐざくら

 福岡では梅も咲き終わり、早くも河津桜が満開だったり菜の花が咲き誇っていたりして、すっかり春めいてきました。  さて、春にはいくつもの季節限定の焼酎が出荷され、焼酎好きな輩には、どうにも悩ましい季節です。私もこの期間ならではの焼酎を買いも求め、楽しんでます。   「春の天狗桜」を買い求めました。購入価格は2,360円でとても安いです…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

無濾過 やきいも黒瀬

 今日は「無濾過 やきいも 黒瀬」を紹介します。蔵元は鹿児島酒造さんです。無濾過ではない「やきいも 黒瀬」は蔵元のホームページで紹介していますが、この無濾過は掲載されていません。もしかすると、季節限定品なのかもしれません。  この焼酎は原料に黄金千貫、白麹仕込み、麹米はタイ米でなんと言っても特徴は焼いた芋を使っていることです。度数は2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

阿久根 新酒限定無濾過

 「阿久根 新酒限定無濾過」を楽しんでます。価格も2,250円程で求め安い値段です。この焼酎は初めて飲みました。  この焼酎は、鹿児島酒造さんが造っていて、原料は黄金千貫。麹米はタイ米、麹はS型麹(河内菌)というのを使っているそうです。何でも、限定5000本で、1本1本にシリアルナンバーが肩ラベルに記載されています。 私が購入し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

重厚な佐藤黒

 先日、購入した「佐藤黒」を飲んでます。「佐藤黒」は大好きな焼酎で、3,000円を超す値段ですが、単品で購入出来る機会があれば、手に入れています。  芋の香りが口に広がり、濃厚な味わいが気にいってます。「佐藤黒」を購入しなかった年はないと思います。そんな「佐藤黒」以前よりずいぶん入手しやくなっていますが、高価なのが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

佐藤黒 田倉 購入

 現在飲んでいる焼酎「なかむら」が底をつき、次に何を購入しようかと思案しているときに、焼酎仲間から、佐藤黒の一升瓶が店頭に並んでいるとの情報が入りました。   佐藤黒は3,000円を超す高価な焼酎ですが、大好きなので購入したいのです。情報を受け、すぐさ酒屋さんを訪問しました。急いで棚を確認すると4,5本並んでいました。迷うことなく、佐…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2016年 初購入の焼酎

 1月4日に酒屋さんを訪問しました。目的は今飲んでいる「薩摩茶屋」が空いてしまい、日常飲む焼酎を購入するためです。めあての銘柄の焼酎を決めての訪問でなく、ともかく酒屋さんに行ってみようと思い訪問しました。   酒屋さんの棚を見ると「佐藤の黒」の4合瓶や、「なかむら」、「田倉」の一升瓶などが並んでいます。「佐藤の黒」は大好きな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

手づくり千鶴 5年貯蔵 復刻版

 前回のブログで「千鶴7年古酒」の入手にめどが付いたことをお知らせしていましたが、蔵元から届きました。  「千鶴7年古酒」とは別に「手づくり千鶴 5年貯蔵 復刻版」も入手しました。この「手造り千鶴 5年貯蔵 復刻版」も一般には販売されていなく、とある酒屋さんが蔵本さんから特別に分けてもらったものを、2本購入しました。1.8l 税込み2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

千鶴7年古酒 再び

 「2010産天狗櫻」を飲み終え、大切に保管していた「千鶴7年古酒」を開栓しました。この「千鶴7年古酒」は蔵本さんからのダイレクトメールの案内で知って2本入手し、1本はすぐさま飲み干して残り1本を保管していたものです。  今回、開栓したのは、また、入手のめどがたったからなんです。1週間ほど前にまた「千鶴」を造る神酒造さんからのダイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2010年製 天狗櫻 と 博多千年煌夜

 久々に、近所の酒屋さんを訪問しました。何かを買おうと思って行ったのではなく、酒屋さんに行ってみて買うものを決めようと訪ねました。すると、日頃見かけない焼酎に目が留まりました。「2010」とラベルが貼り付けてあります。2010年生産の焼酎とアピールしています。要するに長期熟成酒ということです。レギュラーの天狗櫻は安くて、造りのよい焼酎で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

月の中 オールドラベル25度

 「月の中 オールドラベル 25度」を開栓して飲んでます。このオールドラベルの月の中、取り扱いのある酒屋さんでも、なかなか店頭にでることのない稀少な焼酎です。私は、なんの期待もせずに酒屋さんを訪ねたら棚にあったので、購入しました。今回、初めて飲んでいます。  これ、旨いですね。甘口でとても角が取れてまろやかです。芋の香りと…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

一樽厳撰 伊佐大泉

 毎日、猛暑が続いています。外に出ると、強烈な日差しで焼かれるようです。私の仕事はほとんどが室内ですみますが、外での作業や営業で外に出られるような方は、この暑さはたまらないでしょう。熱中症にならないようご自愛ください。  さて、しばらく更新が滞っていました。この間、「森伊蔵」や「銀の星」を飲み終えて、日常飲む焼酎が無くなりましたので、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

幸運でしょうか 森伊蔵

 梅雨明けが待たれる今日この頃です。梅雨の末期は大雨が降って各地で川が氾濫したりで土石流が発生したりと災害が心配です。災害が起きないことを願います。  さて、6月にふと思いだしように「森伊蔵」の電話予約に申し込んでみましたら、なんと当選しました。今年初めて申し込んでの当選で、幸運ですね。早々に、郵便局に送料込みの代金3,892円を振り…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

千鶴7年古酒

 「千鶴7年古酒」を開栓しました。「千鶴7年古酒」は酒屋さんでは、販売していません。私は蔵元から送られてきた直販の案内で知って、迷うことなく注文して入手しました。1本、税込みで3,000円です。通常古酒と言えば、3年貯蔵が多いです。7年も長期寝かせることは、蔵元にとっては負担になると思います。7年古酒が3,000円とは安いと思います。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

松露104号を買いに行って

  「野海棠」が半分になり、次に飲む焼酎を買いに酒屋さんに足を運びました。目的は「松露104号」を買うためです。目的の酒屋さんでは「松露104号」を2本購入しました。1本は自分用、もう1本は何か美味しい焼酎を頼まれて買ったものです。  「松露は104号」は緑の包装紙に包まれていて、包装紙をとると裏ラベルと札がついています。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

月の中クラッシック25度 野海棠

 皆さん、ゴールデンウィークはどうお過ごしでしたか。私はというと、有田の陶器祭りや北九州に藤園の訪問や魚釣りそして、杖立温泉とたくさん出かけて楽しく過ごしました。  北九州市八幡東区にある河内藤園の帰り道に酒屋さんがあったので、初めて訪問しました。その酒屋さんで以前から興味があった焼酎があったので購入してきました。  購入したのは祁…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

念願のろかせず

 3月に入ると焼酎ずきの輩は落ち着いてはいられませんね。それは、毎年季節限定であいつがお出ましするので、なんとか手に入れたいと画策するからですね。  このブログを読んでくださっている方の多くは仕事していて、毎日、酒屋さんを訪ねるのは困難です。そんな状況の中で、いつ酒屋さんをたずねるとあいつに出合えるかは、とても重要なことなんです。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

桜 開栓

 新酒の時期、桜が咲く頃になるこの期に、「さつま寿 桜」が季節限定で販売されます。昨年は購入しませんでしたので、今年は他焼酎の在庫もないし、購入しました。  3月14日(土)に購入し、その日の晩にすぐさま封を切って飲みました。  香りをかぐと、ナッツの様な香りがします。ロックでいただきましたが、ロックでもホクホクした感じ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

久しぶりの 佐藤黒

 「薩摩優」を飲み終えて、「佐藤黒」を開栓しました。「佐藤黒」を飲むのは、久しぶりです。好きな焼酎ですが、3,000円を超す値段なので控えるようにしていましたが、購入の機会があったので入手しました。  久々に佐藤黒を開栓して、これまでとは違ったことに気づきました。味わいではなく、一升瓶蓋が以前と変わっていました。  以前は下の写真の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山鹿灯籠浪漫・百花百彩  薩摩優

 2月の15日(土)に連れ合いと熊本県の山鹿市で開催されている「山鹿灯籠浪漫・百花百彩」というイベントに行って来ました。  山鹿は和傘の産地だったそうで、その和傘を活かしたお祭りです。何でも夕刻から灯りがともされて、美しい光景が見られると聞いて、訪ねました。  到着したのが、4時頃でまだ暗くなるまでに時間があったので、周辺を散策する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茜霧島

 霧島酒造から数量限定で「茜霧島」が1月21日から販売されていますね。「茜霧島」は昨年6月14日に新発売され、今季で2度目の限定販売です。人気があるようで、店頭ではほとんど見かけません。店頭に出てもすぐに売り切れているようです。昨年、購入しなかったので今年は手に入れてみました。霧島酒造さんのホームページでは以下のように紹介しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more