人間ドックにつき断酒

 この度、人間ドックを受診してきました。やはり気になるのが、肝臓の数値です。前回の検診では肝臓の数値が高いと指摘を受けていました。それで受信前の4日間、断酒をして人間ドックに臨みました。4日間も酒を断つのはこれまでを振り返っても思い浮かびません。  1泊2日間の人間ドックでしたが、最終日にドクターから血液検査の数値を見せられました。昨…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

鍋島 特別純米酒

 最近は、日本酒が人気ですね。日本酒は、これまで東北の酒が有名でそれなりに評価されていたようです。しかし、近年は九州地方の日本酒が高く評価されています。山口県に蔵を置く「獺祭」がとても人気で入手困難となっているようです。また、福岡県八女市の喜多屋さんが造る「大吟醸 喜多屋」が2013年インターナショナル・ワイン・チャレンジの日本酒部門で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

麦焼酎 青一髪

 気がつくと、これまでうるさく感じていた蝉時雨が聞こえなくなりました。代わってヒグラシの鳴き声が響くようになりました。8月も終わりとなり、厳しい暑さが衰えてきたように感じます。  さて、久々に麦焼酎が飲みたくなったので、「青一髪」を買って、早々にロックで楽しんでます。相変わらずの口あたりの良さと爽快な香りに引きつけられます。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

一樽厳撰 伊佐大泉

 毎日、猛暑が続いています。外に出ると、強烈な日差しで焼かれるようです。私の仕事はほとんどが室内ですみますが、外での作業や営業で外に出られるような方は、この暑さはたまらないでしょう。熱中症にならないようご自愛ください。  さて、しばらく更新が滞っていました。この間、「森伊蔵」や「銀の星」を飲み終えて、日常飲む焼酎が無くなりましたので、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

幸運でしょうか 森伊蔵

 梅雨明けが待たれる今日この頃です。梅雨の末期は大雨が降って各地で川が氾濫したりで土石流が発生したりと災害が心配です。災害が起きないことを願います。  さて、6月にふと思いだしように「森伊蔵」の電話予約に申し込んでみましたら、なんと当選しました。今年初めて申し込んでの当選で、幸運ですね。早々に、郵便局に送料込みの代金3,892円を振り…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

千鶴7年古酒

 「千鶴7年古酒」を開栓しました。「千鶴7年古酒」は酒屋さんでは、販売していません。私は蔵元から送られてきた直販の案内で知って、迷うことなく注文して入手しました。1本、税込みで3,000円です。通常古酒と言えば、3年貯蔵が多いです。7年も長期寝かせることは、蔵元にとっては負担になると思います。7年古酒が3,000円とは安いと思います。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

なかむら までも

 このところ公私共に何かと多用で、更新が滞ってしまいました。この間、「松露104号」もとっくに飲み終えてしまいました。そこで久しぶりに好きな「なかむら」を購入しました。  先日、妻と岡山県の倉敷に旅行に行って来ましたが、宿泊さきのホテルにも「なかむら」を4合瓶に小分けして持ち込んで、寝酒としました。  今晩も「なかむら」を頂きました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松露104号を買いに行って

  「野海棠」が半分になり、次に飲む焼酎を買いに酒屋さんに足を運びました。目的は「松露104号」を買うためです。目的の酒屋さんでは「松露104号」を2本購入しました。1本は自分用、もう1本は何か美味しい焼酎を頼まれて買ったものです。  「松露は104号」は緑の包装紙に包まれていて、包装紙をとると裏ラベルと札がついています。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

野海棠 開栓

 「薩摩茶屋」を飲み終えて、「野海棠」を開栓し、飲んでいます。「野海棠」は「青潮」や「木々の目覚め」等を造る祁答院蒸溜所が醸す限定流通の焼酎です。限定流通というのは、特約店の中でも限られた酒屋さんでしか販売していないものです。それだけにご存知の方も少ないと思われます。  さて、祁答院蒸溜所の公式ホームページでは、「野海棠」を以下のよう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

繰り返して買ってしまう 薩摩茶屋

 人それぞれで趣向は違います。違って当たり前の話ですが、焼酎は趣向品です。わずかな味わいの違いで好き嫌いが別れるのが面白いですね。  これまで100種以上の焼酎を飲んできて、繰り返して飲む焼酎は、好きな焼酎に間違えありません。よく繰り返して購入する焼酎を思い浮かべると、「薩摩茶屋」「千鶴」「なかむら」「松露104号」「くらら」「佐藤黒…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

月の中クラッシック25度 野海棠

 皆さん、ゴールデンウィークはどうお過ごしでしたか。私はというと、有田の陶器祭りや北九州に藤園の訪問や魚釣りそして、杖立温泉とたくさん出かけて楽しく過ごしました。  北九州市八幡東区にある河内藤園の帰り道に酒屋さんがあったので、初めて訪問しました。その酒屋さんで以前から興味があった焼酎があったので購入してきました。  購入したのは祁…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

波佐見・有田陶器祭り と スズキ釣り

 4月29日の昭和の日に波佐見・有田の陶器祭りに行って来ました。自宅を午前7時過ぎに出発し、着いたのが9時前頃でした。渋滞や混雑を予想して早めに出たのですが、9時にはすでに渋滞とたくさんの人出で賑わっていました。    私は、特に購入したい陶器があるわけでもなく妻のお供として物見だけです。妻は有名で高価な「白山陶器」がこの期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑萌え立つこの頃

 4月末となり、この期は新緑が萌え立って目にも鮮やかで、とても癒されますね。郊外に出ると山々が萌え立ってとても気分が爽快になり癒されます。  先日、天候もよいので妻が藤が見たいというので、自宅から近くにある福岡県筑紫野市にある武蔵寺に藤の花を見に行きました。  藤棚のそばに行くと、藤の花の甘い香り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無ろか らりるれ きくけこ

 最近は「無ろか らりるれ きくけこ」を飲んでます。「らりるれ きくけこ」は宮崎県に蔵を置く松の露酒造さんが造る無濾過の焼酎で、年に一回、春に出荷される季節限定の焼酎です。  「らりるれ きくけここ」とは何なんだと思いますよね。 ら・り・る・れ・ろ の ろ と か・き・く・け・こが無い。無ろか 何ですね。  裏ラベルには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白糸酒造 蔵開き

 先日、本ブログで紹介しました、日本酒「田中六五」の蔵元、白糸酒造さんの蔵開きに行ってきました。  最近は、日本酒ブームとあってたくさんの人で賑わっていました。蔵に着くなり行列ができていて、何の行列かと尋ねると「田中六五」の販売のための行列だそうです。人気のため。750ml50本の限定でした。私は先日酒屋さんで購入していた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スズキの刺身でろかせず

 久しぶりに釣りに行って来ました。船からジギングでスズキ狙いです。当日は大潮で釣りには適した潮でしたが、うねりがあって、酔い止めを飲んでいたにもかかわらず、船酔いしてしまいました。船酔いで船上の大半をキャビンで寝ていました。そのような状況でしたが、私は3匹のスズキをつり上げ1尾ばらしてしまいました。  船には5人乗…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

念願のろかせず

 3月に入ると焼酎ずきの輩は落ち着いてはいられませんね。それは、毎年季節限定であいつがお出ましするので、なんとか手に入れたいと画策するからですね。  このブログを読んでくださっている方の多くは仕事していて、毎日、酒屋さんを訪ねるのは困難です。そんな状況の中で、いつ酒屋さんをたずねるとあいつに出合えるかは、とても重要なことなんです。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

手づくり千鶴 5年貯蔵 復刻版

 レギュラーの「千鶴」は安くて芋の香りがして好きな焼酎です。その「千鶴」を醸す神酒造さんが手づくりで5年も寝かした焼酎が「手づくり千鶴 5年貯蔵 復刻版」で 原料に黄金千貫を使い黒麹仕込みです。この焼酎は一般に出回って無く、蔵元からの直販で入手したものです。5年古酒で税込み価格が2,777円というのもお得感があります。      …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桜 開栓

 新酒の時期、桜が咲く頃になるこの期に、「さつま寿 桜」が季節限定で販売されます。昨年は購入しませんでしたので、今年は他焼酎の在庫もないし、購入しました。  3月14日(土)に購入し、その日の晩にすぐさま封を切って飲みました。  香りをかぐと、ナッツの様な香りがします。ロックでいただきましたが、ロックでもホクホクした感じ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

久しぶりの 佐藤黒

 「薩摩優」を飲み終えて、「佐藤黒」を開栓しました。「佐藤黒」を飲むのは、久しぶりです。好きな焼酎ですが、3,000円を超す値段なので控えるようにしていましたが、購入の機会があったので入手しました。  久々に佐藤黒を開栓して、これまでとは違ったことに気づきました。味わいではなく、一升瓶蓋が以前と変わっていました。  以前は下の写真の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more