三年古 酒極の黒

 もうすぐ九月ですね。朝夕は暑さが和らぎ、夜には虫の声を聞くことができるようになりました。待ちわびた秋の気配を感じるようになりました。本当に7月、8月は猛暑でうんざりでした。一日も早く過ごしやすくなって欲しいです。  さて、先日酒屋さんを訪問すると店頭の目立つ所に並んでいた1本の焼酎に目が留まり、購入してしまいました。それは、「さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ろかせず 濃厚さがたまらない

 毎日、強烈な日差しで37度を超える気温です。二、三分でも外にいようものなら汗が噴き出し、逃げ出したくなる気分です。そんな暑さの続く今日この頃ですが、皆さんお元気でしょうか。  私はというと、仕事が盆休みで8連休です。休暇を利用して外出したいのですが、こう暑いと外に出るのを控えてしまい、空調の効いた家にいて撮りだめした映画やバラエティ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大石酒造 曼陀羅

 先日、とある酒屋さんのの軒をくぐってみると、見かけない焼酎に出会いました。それは大石酒造さんが醸す、「曼陀羅」という焼酎です。初めて見ました。私は税込み2,560円で購入しました。  この「曼陀羅」についてネットで調べましたが、あまり情報は得られません。大石酒造さんの公式ホームページにも掲載されていない一品で限定品の様です。ネット上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの甕仙人ブルーボトル

 もうすぐ7月に入ります。蒸し暑さが本格的になりますね。熱中症に互いに留意しないといけませんね。  さて、本日は中村酒造さんが醸す季節限定酒の「甕仙人ブルーボトル」を紹介します。このブルーボトルは毎年春だけに販売される季節限定酒です。  数年ぶりに購入致しました。好きな焼酎ですが、季節限定酒ということや、やや高価とういう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神酒造 亞羅漢

 自宅の紫陽花がピンクに色づき、梅雨入り間近を知らせています。  さて、今回は神酒造さんが醸す「亞羅漢」を紹介します。  この「亞羅漢」は神酒造さんの公式ホームページを見ても掲載されていません。おそらく特約店限定の1本だと思われます。造りは、地元産の黄金千貫芋を原料に、手造りの黒麹で仕込み、甕壷で4年間も熟成した古酒です。値段はすが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7年ぶりの百年の孤独

 義父の家で飲み会をして、棚にあった「百年の孤独」を開栓して飲んでいたのをもらって帰りました。前回飲んだのは2010年で、7年ぶりです。 ロックで飲んでいますが、ロックに良くあっています。40度の高濃度ですが、長期熟成酒だけ在って角が取れて40度を感じさせません。私は少し氷が溶けたぐらいが好みです。オークで造られた樽の香…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2011製 天狗櫻古酒

 新緑が目に鮮やかな季節となりました。車窓から眺める景色や流れ込む風がとても心地よいです。  今日は何を買おうと目的を持たずに何かいい物はないかなと思い酒屋さんを訪問しました。すると「2011年製 天狗櫻古酒」が目に留まって、迷わず購入しました。昨年、初めて飲んで、とても美味しく印象に残っていましたので再度の購入となりました。税抜き3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊佐美

 伊佐美をロックで飲んでます。皆さん いさみ という音からどんなイメージを抱きますか。  私は、いさみ から 勇 あの新撰組の近藤勇を連想します。それで味わいを濃厚で強烈で個性が強い味わいを思い描きます。  しかし、実際に飲んでみると、印象が変わります。  「ろかせず」や「佐藤の黒」「さつま寿」等とちがって、芋いもした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐藤の黒と伊佐美

 福岡では気温が上昇し、日中は半袖のTシャツで過ごすことができるほどの気温です。春が短くてすぐに夏が来そうな感じです。  さて、最近立て続けに焼酎を購入してしまいました。購入してしまった理由としては、一つに好きな焼酎で、なかなか単品で定価購入が難しいこと。二つ目に、滅多に単品で定価で販売されてないことです。  それで、購入した焼酎は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

春の天狗櫻(てんぐざくら)

 満開だった桜が散ってしまい、葉桜となってしまいました。ほんの1週間ぐらいでパット咲き誇ってサッと散ってしまう桜に、潔さを感じます。  さて、最近は「春の天狗櫻」を飲んでます。「春の天狗櫻」はレギュラーの天狗桜と違って、濾過を弱くしています。そして、今年の「春の天狗櫻」は他の原酒をブレンドをしていないそうです。いわゆるシングルモルトな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本酒 黒龍

 春、爛漫ですね。桜や小手毬、レンギョウ、木蓮等々。田舎道を歩くとオオイヌノフグリやタンポポなどの野草も花をつけていて、「あ、ここにも。あそこにも」と見つけるのも楽しいものです。  さて、今回は日本酒を紹介します。私はご承知のように焼酎のロックが好きですが、たまに日本酒も飲んでみたくなります。しかし、日本酒の多くが甘くて、手が伸び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月の中 春一番

 桜が満開の頃となっていますが、残念なことに週末にかけて雨ですね。満開の桜を下から見上げると抜けるような青空が在ると、一層美しさが増すのですが、雨を恨めしく思います。  3月末は、焼酎好きな皆さんにとって、喉から手がでる「ろかせず」が販売されましたよね。今年も購入しようと頑張ってみたものの、今年は空振りに終わってしまいました。酒屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

須木酒造 さん方

 桜の開花が待ち遠しい今日この頃です。福岡では3月末ぐらいに見ごろを迎えるのでしょうか。  さて、今回は須木酒造さんが醸す「弎方」(さんぽう)を紹介致します。数年前に飲んでみて、美味しかったのでいつかは再度購入しようと思っていた焼酎です。  造りは、無農薬栽培の黄金千貫で黒麹仕込みです。須木酒造さんの公式ホームページを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

格が違う 古八幡

 昨年、初めて購入した「古八幡」を大切に飲んでいましたが、全て飲みきってしまいました。「古八幡」は黒麹仕込みで長期熟成酒、度数は37度です。レギュラーの「八幡」は白麹仕込みで「八幡」とは全く違う物です。  私が手にした「古八幡」は2008年製で2016年7月23日の出荷となっていました。およそ8年間の長期に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

屋久島 大自然林 芋

 行きつけの酒屋さんで物色していると、1本の焼酎が目に留まり、購入しました。  本坊酒造さんが醸す、特別限定酒「屋久島 大自然林」です。造りの概要を報告します。  原料に屋久島産のサツマイモ 白麹仕込み 麹米は国産米 甕壺仕込み 常圧蒸留 割水に屋久島の水 といったところです。屋久島の水が使われているところが最大の特徴です。屋久島の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

種子島酒造 ぎんやんま

 春一番が吹き、庭の梅が散り始めました。春の訪れがもうそこまで来ているようです。  さて、最近は、種子島酒造さんが醸す「ぎんやんま」を飲んでいます。種子島酒造さんの公式ホームページを見ても「ぎんやんま」は、掲載されていないように、この製品は特別限定流通品で限られた特約店のみの販売で、こだわりを持って造られています。  「…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

まるにし 黒古酒

 今日は寒が緩み、澄み渡るような青空が広がっていました。そこで、太宰府天満宮に梅を見に行ってきました。  平日にも関わらず、たくさんの観光客で賑わっていました。周りからは、韓国語や中国語らしき言葉が聞こえていました。太宰府天満宮では、祈願をして飛梅を観賞してきました。飛梅は今が満開の状態でした。  帰りには名物の太宰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松の露

 昨年末に6本まとめ買いした中から「松の露」を飲んでます。「松の露」は「金峰櫻井」を代表銘柄とする、櫻井酒造さんが造っています。この「松の露」は地元鹿児島の限られた特約店でしか販売されていません。4,5年前にも鹿児島の酒屋さんから、送ってもらって飲んだことがあり、とても美味しかったので再度の購入しました。  「松の露」は地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日は昇る

 年末に6本まとめて購入した焼酎の中から「日は昇る」を飲んでいます。この焼酎は鹿児島県の川内市祁答院に蔵を置く祁答院蒸溜所が醸す1本で、麹はもろ蓋を使った手造り麹です。一番の特徴は、木桶を使った仕込みです。通常は甕やタンクを使うのですが、「日は昇る」は木桶で仕込まれます。木桶を使うとタンクや甕と違って、寒暖による気温の変化が中のモロミに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末に焼酎 大人買い

 新年、明けましておめでとうございます。  本年もこれまでと同様に、本ブログを読んでいただけることに感謝致します。今年も皆様、よろしくお願いします。  さて、年末に焼酎をまとめ買い致しました。1つは、「真鶴」2本です。この2本は、酒屋さんに並んでいるとの情報をもらい、すぐさま買いにいった物です。3年ほど前には、1本購入するにも大…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more