さつま寿 桜 開栓

 桜が日本全国各地、咲き始めました。私の住む福岡では3月30日、31日頃が見ごろとなりそうです。桜を見ると、春が来たことを強く感じるとともに、さくらの咲く頃は卒業式や入学式、はたまた入社式など、人生の転機の時期と重なり、桜を見る度に感傷的な気分にもなります。

画像


 さて、「桜」と言えば焼酎では尾込商店さんが醸す「さつま寿 桜」を購入し、楽しんでます。昨年jは、購入しないままでした、今年は購入しました。

画像


 私が手にした「桜」の詰め日は2016年3月11日でした。

 「さつま寿 桜」この時期だけの限定酒で新酒のフレッシュな香りが楽しめます。レギュラーの「さつま寿」の新酒ではなく黒麹仕込みの「神座」の新酒なんです。

画像


 開栓するとわずかにナッツの様な香りがしました。口に含むとお芋さんの自然な甘さと香りががじわっと広がります。旨いです。この焼酎がわずかに2,000円を超す値段で購入出来るのは嬉しい限りです。コストパフォーマンスが高いと言えます。

 さて、さて、春の新酒の横綱といえば「ろかせず」ですよね。実は、昨年、購入した「ろかせず」まだ開栓せず、保管しているので、今年はどうしても購入したいとは思ってません。みなさん、いつ酒屋に出され、いつ行ったrらよいのか思案されてることだと思います。

"さつま寿 桜 開栓" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント