白石酒造 鍋ヶ城地区開墾畑の天狗櫻

 この週末は台風の影響で強風、暴風雨等で行楽や観光はできませんで残念でした。私も日曜日には沖に出て釣りの予定でしたが、大時化の為、中止です。仕方ありません。
 さて、今回は、白石酒造さんが醸す、「鍋ヶ城地区開墾畑の天狗櫻」を紹介します。
 今年、初めて販売されるもので、これまで「宇都宮地区」や「堀地区」の開墾畑シリーズの焼酎が販売され来ましたが、未飲でした。今回初めて鍋ヶ城地区で生産されたてできた焼酎を購入致しました。私は税込み2800円で購入しました。

画像

画像


 購入した夜、早速ロックで頂きました。口に含むとどことなく爽やかでフルーティーな香りと芋焼酎のもつ芋の香りも併せて感じます。フルーティーさと芋のコクが絶妙に調和された香りと味わいです。また、アルコールの刺激感も全くせず、まろやかな口当たりです。

画像


 これは旨いです。ついついもういっぱいと手が伸びてしまって、すぐなくってしまいそうです。売れきれないうちにもう1本買っておこうかと思っています。

この記事へのコメント

dai
2017年10月23日 20:49
好きな銘柄ですが、レギュラー天狗櫻とどのように違うのでしょうか?
2800円と少し高いみたいですので、違いが気になります。
ソロソロお湯割りで飲みたい季節になりましたね。
焼酎にぞっこん
2017年10月24日 20:59
daiさんへ
 コメント投稿ありがとうございます。
 レギュラーとの違いですが、レギュラーは、芋の香りとコクを強く感じますが、今回の「鍋ヶ城」は爽やかな香り、フルーティさを感じることが出来ます。その反面、芋の香りは感じますが、レギュラーよりは押さえられたように感じます。
 本当は飲み比べると良く検証できるのですが、私の記憶での評価と言うより印象です。参考までに…。