大石酒造 曼陀羅

 先日、とある酒屋さんのの軒をくぐってみると、見かけない焼酎に出会いました。それは大石酒造さんが醸す、「曼陀羅」という焼酎です。初めて見ました。私は税込み2,560円で購入しました。
 この「曼陀羅」についてネットで調べましたが、あまり情報は得られません。大石酒造さんの公式ホームページにも掲載されていない一品で限定品の様です。ネット上では限定1000本とのことでした。

画像


 この「曼陀羅」の造りは、原料に紅はるかを使い黒麹で仕込まれています。「紅はるか」は紅という文字が使われていることから紅いもを想像しますが紅いもではありません。特徴は安納芋に優るとも劣らない甘さを持つサツマイモです。
 そのような紅はるかを使った「曼陀羅」はどんな味わいなんでしょうか。
 早速、ロックで楽しみました。香りはほのかに甘くフルーティーです。芋の香りは感じません。

画像


 口に含むと軽やかな感じでほのかな甘味と爽やかで軽めの飲み口です。甘さもくどくなくさっぱりした印象です。口当たりもよく、アルコールのとげとげしさを感じさせません。芋の香りや芋のコクを楽しみたい方にはお勧めしませんが、軽やかにすっきりとした味わいが好みの方には、お勧めできる焼酎です。しかし、取り扱い店が少ないのが残念です。

 焼酎のあてに阿蘇で収穫してきたトウモロコシをかき揚げにして楽しみました。

画像

 今が旬のトウモロコシ、甘味があって旨いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント