7年ぶりの百年の孤独

 義父の家で飲み会をして、棚にあった「百年の孤独」を開栓して飲んでいたのをもらって帰りました。前回飲んだのは2010年で、7年ぶりです。

画像


ロックで飲んでいますが、ロックに良くあっています。40度の高濃度ですが、長期熟成酒だけ在って角が取れて40度を感じさせません。私は少し氷が溶けたぐらいが好みです。オークで造られた樽の香りや香ばしい香りを感じます。

画像


 焼酎ブームが去った今でも、酒屋さんの棚に出ているのを私はあまり見かけません。以前、黒木本店さんの特約店の大将と雑談をしていると、「百年の孤独」の話になって、「ワンケースしか、おくって来ない。」と言っていたのを思い出しました。まあ、ほとんどが常連さんに流れて行って、店頭に出るのはまれなんでしょうか。

この記事へのコメント

とらじ
2017年06月29日 09:32
お久しぶりです。 年に2、3本購入してますがまだ飲んだことがないのです。常に贈答用でして相手が大変喜びますがそんなに美味いのか? 今度、飲んでみます。 麦焼酎では兼八が美味いと思いますがやはり芋焼酎が好きです。
焼酎にぞっこん
2017年06月29日 21:01
とらじさんへ
 ウィスキーのような香りがして、ウィスキーのように度数が高くないので飲みやすくまったりしています。兼八の様な香ばしさとは違いますね。