千鶴7年古酒 再び

 「2010産天狗櫻」を飲み終え、大切に保管していた「千鶴7年古酒」を開栓しました。この「千鶴7年古酒」は蔵本さんからのダイレクトメールの案内で知って2本入手し、1本はすぐさま飲み干して残り1本を保管していたものです。

 今回、開栓したのは、また、入手のめどがたったからなんです。1週間ほど前にまた「千鶴」を造る神酒造さんからのダイレクトメールで「冬のおすすめギフト」の案内を受け取り、その中にまた、「千鶴7年古酒」の案内が掲載してあり、すぐさま申し込んだというわけです。

画像


 いつものようにロックで飲みましたが、グラスに注いですぐに口に含んでも、大変いい口当たりです。アルコールのつんとくる香りや刺激感をまったく感じさせません。7年の時が造りだした味わいを体感します。しっかりと角の取れた口当たりと、芋の香りとほんのりとした芋の甘さを感じます。たまりません、飲みすぎてしまうこと必至です。ついつい空いたグラスに継ぎ足してしまうのでした。

画像


画像

  
 再度入手出来る喜びをかみしめながら、楽しみました。グラスは以前神酒造さんを訪ねたたきに購入した「千鶴」のロゴ入りのグラスです。
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

おっ君!
2015年12月12日 00:07
ご無沙汰で~~~す。
これは、自分の今年ベスト1~2位の美味しさです。
激旨…間違いなし(笑
焼酎にぞっこん
2015年12月12日 21:14
おっ君さんへ
 これまで多数の焼酎を飲んできて、私もこの「七年古酒」は、屈指の焼酎です。
 残念ながら、毎年どこでも購入することができないことです。今年だけの限定品で購入できたら幸運と思わないといけないことです。
 幸い、1升瓶と4合瓶を2本、蔵元からダイレクトメールで購入することができました。