兼八をウミニナ、ワラビで

 先日なじみのバイク屋さんへ愛車のスクーターのオイル交換をしに行ってきました。バイク屋さんとは高校生の時からの付き合いなので40年以上の付き合いです。バイクやさんの女将さんが「ちょうどいいときに来たね。」といってわらびとウミニナをくれました。ワラビを知らない方はいないと思いますが、ウミニナを知らないという方は多いのではないかと思います。ウミニナは海岸の岩陰に生息する巻き貝で大きさは2cmぐらいでしょうか。この巻き貝を塩ゆでして食べるんです。わたしが幼少のころ、行商人が小川にすむニナを売りにきていて、お袋が買っておやつ代わりに食べさせてくれたことを思い出します。

画像


 ワラビは牛筋煮込みを作る際に一緒にいれて煮込みました。

画像


 昨晩はウミニナとワラビ入り牛筋煮込みを肴に、「兼八」をロックで頂きました。久々の麦焼酎です。麦の香ばしさが口の中に広がって来ます。私は通常芋焼酎を飲んでいますが、時々、麦も楽しみます。麦焼酎では「兼八」と「青一髪」が定番となっています。

画像



この記事へのコメント

千鶴もうまい!
2013年04月29日 12:48
懐かしいですね!旨いデスよね。
小学生の頃、母方の田舎の山口で毎年夏休みによく獲って食べてました。
田舎ではその大きさの貝類を引っくるめて「トントン」って呼んでいて、母や叔父達が塩ゆでにし爪楊枝片手に豪快にお酒を飲んでました。
獲って来る度におこずかいを貰ったいい思い出があります。
たまにヤドカリが紛れ込み、一緒に茹で上がりビックリする時がありましたが、懐かしいです。
こっちで売っているところをあまり見かけないので、すっかり忘れていました。
今度じっくり探してみます。
焼酎にぞっこん
2013年04月29日 13:52
千鶴もうまいさんへ
 私も爪楊枝を使って食べました。一つ食べ出すとまた一つとやめられなくなります。バイクやさんは、大将が海でとってきたもので、福岡でもニナを売っている店はないと思います。多くの人がニナをとって食べることができると知らないようです。いいつまみになりますね。