麦焼酎を久々に

 今日は久しぶりに麦焼酎を飲みたくなり開栓中の「けいこうとなるも」と「道中」をいただきました。

画像


 当たり前ですが、芋と焼酎とは全く違った味わいです。麦特有の香ばしさに旨さを感じます。芋焼酎の黒麹の中には香ばしさを感じるものもありますが、まったく違った味わいです。芳しさ、香ばしさだけ比較したら麦の方が好きです。
 「けいこうとなるも」きりっとして、麦の香ばしさににんまりしてしまいます。「道中」は香ばしさの中にも麦の甘さが広がります。これもまたほほがゆるんでしまいそうです。
 この2本も次回で飲みきってしまいます。麦焼酎もいつか仕入れに行こうと思います。

この記事へのコメント

Toru
2009年08月18日 20:49
どもです。
「けいこうとなるも」はたまに見かけます。
ラベルもいいですし、「鶏口となるも牛後となることなかれ」という故事からとった銘柄名もいいなぁと思います♪
一度買ってみましょうかね~♪たまには麦に”浮気”もいいかもですね(笑)。
焼酎にぞっこん
2009年08月18日 21:59
Toruさんへ
 Toruさんのブログで、そういえば麦焼酎の感想を読んだことありませんね。好き嫌いがありますから、気が向けば、麦も飲んでみて感想をアップしてくださいな。
MASH
2009年08月19日 00:52
久々に麦を飲まれたのですね?
自分は開栓中の兼八をチョコチョコとロックでやってます。
芋では味わえないあの香ばしさ。何とも言えませんよね。無性に常圧の麦を欲する時があります。
焼酎にぞっこん
2009年08月19日 06:23
MASHさんへ
 麦の香ばしさがほしくなるときありますよね。「兼八」ほろ苦く香ばしくて旨いですよね。
ポーすけ
2009年08月20日 23:02
時折、兼八をいただいてますッ☆
香ばしさがなんともなんとも(笑)
麦焼酎に対する拒絶反応が幾分無くなりましたので、いずれ三段じこみにもチャレンジしたいですッ☆
焼酎にぞっこん
2009年08月21日 06:24
ボーすけさんへ
 「兼八」は香ばしさがたまりませんね。「三段仕込み」は麦の香ばしさより、特有の香りが特徴的で、癖があるようにおもいました。好き嫌いにはっきり分かれると思います。

この記事へのトラックバック